集中切らさず零封 大分トリニータ

【大分―岡山】前半35分、先制ゴールを決め喜ぶ大分のMF川西(中央)。大分は3得点で快勝し、勝ち点を55に伸ばした=シティライトスタジアム

 明治安田J2第35節最終日(1日・岐阜長良川競技場ほか=6試合)名古屋が岐阜に6―2で大勝し、勝ち点を59に伸ばして4位に浮上した。横浜FCは最下位の群馬と1―1で引き分け、同57で6位。

 大分は岡山市のシティライトスタジアムで岡山と対戦し、3―0で勝った。通算成績は15勝10分け10敗(勝ち点55)で順位を7位に上げた。

 大分は第36節の8日午後2時から、大分市の大分銀行ドームで岐阜と対戦する。

▽得点経過

前35分【分】川 西  

後19分【分】鈴木惇 (5)

後26分【分】松 本 (2)

▽交代【分】後15分 伊佐(林)後24分 シキー(山岸)後31分 黄誠秀(三平)【岡】前38分 オルシ(久木田)後21分 石毛(渡辺)後23分 朴亨鎮(三村)

 【大分3―0岡山評】前半に先制し、勢いづいた大分が敵地で勝ち点3を手にした。

 大分は前半35分、中央を駆け上がったMF川西の今季初得点で先制した。後半も勢いを保ったまま19分にGKのクリアボールをMF鈴木惇がダイレクトに蹴り返して2点目を決め、同26分にはMF松本が追加点を奪った。相手の速攻にも耐え、無失点で逃げ切った。

あなたにおすすめ