逮捕して釈放、再び逮捕? 迷惑行為で条例適用ミス 沖縄県警「改正に気付かず」

 豊見城署は1日、女子小学生のおしりを触ったとして、自称住所不定、無職の男(52)を誤って改正前の県迷惑行為防止条例違反の疑いで通常逮捕したと発表した。同署はミスに気付き、一度釈放した上で改正後の同条例違反容疑で再び逮捕。「条例改正に気付かなかった。逮捕の構成要件は満たしている」と説明したが、刑事弁護に詳しい弁護士は「1度目と2度目の身柄拘束時間の合計が48時間を超えるのであれば違法だ。逮捕状を執行した裁判所にも問題がある」と指摘した。

 逮捕容疑は9月30日午後3時46分ごろ、那覇市内のショッピングセンターで少女のおしりを1回触った疑い。警備員から通報を受けた同署が1日午前2時33分、男を2017年3月に改正案が施行される前の同条例違反容疑で逮捕した。

 その後、同署は条例適用の誤りに気付き、男を一度釈放。同日午後4時42分、改正後の同条例違反の疑いで再び逮捕した。同署は釈放から2度目の逮捕までの間、男を署に待機させて手続きを行った。同署は「1回目の逮捕から計算して48時間以内に送致するだろう」との見通しを示した。

 刑事訴訟手続きに詳しい沖縄弁護士会の高良誠弁護士は「このような事案は聞いたことがない。警察や、間違った逮捕状を出した裁判所にも責任がある」と批判した。

(資料写真)パトカー

あなたにおすすめ