トピック熊本のニュース

中秋の名月、被災の名城照らす 熊本市

©株式会社熊本日日新聞社

熊本城の宇土櫓(左)と天守閣の工事用クレーンの間に浮かぶ中秋の名月=4日午後6時ごろ、熊本市中央区

 4日は中秋の名月。好天に恵まれ、熊本地震で復旧工事中の熊本城(熊本市中央区)でも、二の丸広場で数十人が名城との観月を楽しんだ。

 午後6時すぎ、東の方角にある天守閣や宇土櫓[やぐら]の背後から月が顔を出すと、集まった人たちは「きれい」とため息が漏れた。俳句仲間と訪れた熊本市西区の平山紀美子さん(79)は「中秋の名月をお城で見るのは初めて。復興をお月さまに祈りました」と話し、夜空を見上げていた。

 旧暦の8月15日に当たる中秋の名月が10月になるのは8年ぶり。今年は満月ではなく、満月は6日。(池田祐介)

あなたにおすすめ