超新星爆発に新しいパターン

表面引き金、東京大

新しいパターンの超新星爆発の想像図。星の表面で生じたヘリウムの核融合が引き金となり、星全体が超新星爆発を起こす(東京大などのチーム提供)

 星が一生の最後に起こす超新星爆発で、星の中心部から始まる通常のケースと違い、表面の爆発が引き金となって起きる新しいパターンを観測したと、東京大などのチームが4日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 超新星爆発が始まる過程には謎が多く、チームの土居・東大教授は「さらに観測を続け、超新星爆発の仕組みを解明したい」と話している。

 米ハワイ島のすばる望遠鏡で、地球から約18億光年離れた場所に爆発から1日たっていない超新星を発見。光の明るさの変化や色を分析すると、白色矮星の表層のヘリウムが核融合を起こし、衝撃波が内部に伝わり星全体の超新星爆発につながったと分かった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS