支援に感謝、最後の催し 益城屋台村、月内閉鎖へ

ファイナルイベントが開かれ、大勢の来場者でにぎわう「益城復興市場・屋台村」=8日、益城町

 10月中に閉鎖する益城町惣領の「益城復興市場・屋台村」で8日、アマチュアバンドなどが演奏やダンスを披露するファイナルイベントがあり、大勢の来場者でにぎわった。

 全国からの支援に感謝の思いを伝えようと、店主らが企画。大型テント脇の屋外ステージには「みんなに支えられた最高の1年4カ月 本当にありがとう」とのメッセージが掲げられ、県内外から駆けつけたアマチュアバンドやタレントらが歌やパフォーマンスを披露して盛り上げた。

 家族で週1回ほど通っていたという同町安永の横溝清子さん(38)は「気軽に来ることができる場所だったので、閉鎖は寂しい。各店舗が再建できるよう、今後も応援していきたい」と話した。

 復興市場は昨年6月、一般社団法人「まちづくり益城」と町商工会が開設。飲食店などほとんどの店舗は9日に営業を終える。美容院と理容店の計2店は15日まで。衣料品や土産物を販売する「絆ブース」は22日終了の予定。(久保田尚之)

あなたにおすすめ