熊本地震の被害を大学教授が解説 14日、熊本市で

 公益社団法人・土木学会(東京)が、熊本地震の被害を研究者の視点から分かりやすく解説する市民向け講演会を14日午後1時から、熊本市中央区出水の市総合体育館で開く。

 熊本地震から得た研究成果と教訓を次代に伝えようと同学会が企画。東京大、京都大、国士舘大の3教授が「熊本地震の被害と対応から学ぶべき教訓」「住宅の耐震性」「熊本城の復旧」をテーマに、防災と減災の視点を交えて話す。

 定員300人。無料。当日参加可だが事前申し込み優先。申し込みは学会ホームページから。12日締め切り。同学会TEL03(3355)3559。

あなたにおすすめ