9秒台の桐生選手に功労賞、埼玉

「五輪で良い結果を」

埼玉県の上田清司知事(右)から「彩の国功労賞」の表彰状を受け取る、陸上男子100メートルの桐生祥秀選手=12日午前、埼玉県庁

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手に、埼玉県が12日、「彩の国功労賞」を贈呈した。桐生選手が所属する東洋大陸上部は、同県川越市のキャンパスに練習拠点がある。

 上田清司知事から表彰状を手渡された桐生選手は「タイムを更新できるよう頑張っていきたい」と笑顔。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて「五輪は特別。選考で残り、地元で良い結果を残したい」と意気込みを語った。

 桐生選手は9月9日、福井県営陸上競技場で開かれた日本学生対校選手権の100メートル決勝で、9秒98を記録した。

Follow

共同通信

on

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

CYCLE

CYCLE

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。