日本、核禁止条約に触れず

国連へ提出の廃絶決議案

核兵器禁止条約が採択された制定交渉の会場で、空席となっていた日本政府代表席=7月7日、ニューヨークの国連本部(共同)

 【ニューヨーク共同】ニューヨークの国連本部で開かれている国連総会第1委員会(軍縮)で日本が毎年提案している核兵器廃絶決議案が、7月に採択され9月に署名が始まった核兵器禁止条約に一切言及していないことが11日、分かった。日本政府が同日までに配布した決議案を共同通信が入手した。

 広島と長崎の被爆者の多くも条約を「歴史的」と歓迎しており、日本政府と被爆者の立場の大きな隔たりが改めて鮮明になった。米国から「核の傘」の提供を受ける日本政府は条約に参加していない。決議案で言及しないことで、条約に強く反対している核保有国との対立回避を優先させた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む