【J2熊本】次節・京都戦、セットプレーに警戒 松本戦の反省生かすゲームに

©株式会社熊本日日新聞社

ペナルティエリアからの浮き球に反応するGK畑実

 前節松本戦でロアッソは、警戒していた長身FW高崎寛之にコーナーキックからのヘディングシュートを決められ0-1で惜敗した。次節14日の京都もFWイヨンジェら長身FWを抱える。競り合いに強い元日本代表のDF田中マルクス闘莉王も要注意で、前節の反省を生かしてゴールを守り抜きたい。

 今週、GK陣はセットプレーやゴール前へのクロスボール対応を練習。クロスに合わせた強いシュートやループシュート、競り合い後のこぼれ球など様々な場面への反応を確かめた。ゴールを守る畑実は「いろんなボールを頭に入れておけば、自然と(プレーが)出る。ゴール前に敵味方入り乱れる状況での対応に注意したい」と気を引き締めた。

 DF植田龍仁朗は「松本戦がそうだったが、セットプレー時はマークする相手との駆け引きが重要になる」という。「イヨンジェに注意したいが、背の高い選手だけ警戒していればいいわけではない。(こぼれ球を狙う)MF小屋松らにも気を付けたい」と話した。(野島)

あなたにおすすめ