トピック熊本のニュース

家康の礼状も出品 熊本市で古書籍販売会

古文書や郷土誌、錦絵など約1万点を集めた第48回古書籍販売会=熊本市中央区

 恒例の「古書籍販売会」が11日、熊本市中央区の鶴屋百貨店本館6階で始まり、掘り出し物を求める“古本ファン”でにぎわった。16日まで。

 県古書籍商組合(組合長・河島一夫舒文堂[じょぶんどう]河島書店代表)と鶴屋百貨店の主催で、48回目。今年は8店舗が出店し、古文書や郷土誌、錦絵など約1万点を販売している。

 絵図「藤崎宮内略図」は、熊本市中央区の藤崎八旛宮が江戸時代、現在の藤崎台県営野球場(同区宮内)の場所にあった時の地図(明治3年の写し、3万円)。近隣で生活する侍らの名字が記されている。徳川家康が四国の大名に送った貴重な礼状(60万円)もある。

 大正から昭和にかけて出版された市町村の郷土誌も豊富にそろえた。河島さんは「さまざまな発見がある古書籍の面白さを味わってほしい」と呼び掛けている。(飛松佐和子)

あなたにおすすめ