サンガ、新戦力の台頭に期待 14日、熊本戦

 サッカーJ2の京都サンガ(勝ち点45、15位)は、10月14日15時から、西京極陸上競技場で熊本(勝ち点36、19位)と対戦する。

 残り7試合でJ1昇格プレーオフ圏の6位との勝ち点差は12。今季初の3連勝をホームのサポーターに届けられるか。累積警告で仙頭と本多が出場停止となり、岩崎も足首を痛めて万全な状態ではないが、ここ数試合はこれまで控えだった清水や田村の活躍が光っており、新戦力の台頭に期待したい。

 前節の讃岐戦は、4ゴールで快勝したものの、組織で崩した攻撃は少なかった。ここ14試合は2点以上取られていない熊本の手堅い守備を攻略するには、仙頭や本多に代わって入るサイドの選手の連係が鍵を握りそうだ。また前節、故障のエスクデロに代わって出場した望月が堅実なプレーで貢献したように、選手層の底上げを図る機会にもしたい。

 熊本には6月の前回対戦で3-0と快勝している。その後就任した池谷監督の下、3バックに変えて守備を立て直した。総得点はリーグで2番目に少ない32にとどまるが、スピードのあるグスタボ、空中戦に強い元日本代表の巻を警戒したい。

あなたにおすすめ