【J2熊本】J2残留へ声援を力に チラシやステッカー配布

©株式会社熊本日日新聞社

ロアッソ熊本の「くまもと総動員。」プロジェクトをPRするDF上原拓郎=県民総合運動公園

 サッカーJ2ロアッソ熊本は今季のホーム戦残り3試合での集客増を目指し、「くまもと総動員。」と題したプロジェクトを実施する。現在19位のロアッソは勝ち点36で、J2残留ラインとされる勝ち点「42」まであと2勝分に迫っており、クラブは「ホームの声援を力に残留を」と青写真を描く。

 プロジェクトの一環として13日午後6時から約1時間、熊本市の新市街アーケードでチラシを配布する。チラシはチームエンブレムと3試合の日程を告知するステッカー付き。試合当日に持参すれば、チケット代を500円割り引く。オフィシャルショップでも同日から配布する。

 街頭でのチラシ配布は金沢戦(11月11日)前まで週1、2回のペースで続ける。クラブは「いろいろな場所に貼ってもらい、告知につなげたい。試合当日もさまざまなイベントで盛り上げる」としている。10月28日の長崎戦では「くまもとサッカーフェスタ」があり、大規模な抽選会も行う。

 ロアッソの今季ホーム戦入場者は、成績低迷の影響で減少傾向。ホーム戦18試合の平均入場者数は6296人で、熊本地震の影響を受けた2016年の5543人は上回っているものの、15年の7037人を大きく下回っている。(野方信助)

あなたにおすすめ