スズキがワイド版・新型ハスラーともいえる、新型クロスビーを発表!新型スペーシアや電動化SUVも公開

©オートックワン株式会社

スズキ 新型クロスビー

スズキは、10月25日から開催される東京モーターショー2017の出展概要を発表した。

今回のスズキブースでは、アウトドア/スポーツ/ライフのテーマ別に車両を配置し、「走る喜び」「使う楽しみ」「持つ幸せ」を『”ワクワク”を、だれでも、どこへでも』というテーマで、四輪・二輪に加え、セニアカーや大型船外機など、チームスズキの展示を行う。

出展車は、四輪車は7車種の世界初出展モデルを含む全20台、二輪車は2台の世界初出展モデル、1台の日本初出展モデルを含む全9台を展示する。

四輪車の出展車

■小型クロスオーバーワゴン XBEE(クロスビー)※世界初出展

「もっとみんなで、もっと遠くまで遊びに行きたい」「もっとかっこよく人生を楽しみたい」都会でオシャレに、レジャーでアクティブに、さまざまなライフスタイルに似合う小型クロスオーバーワゴン。

取り回しの良いコンパクトサイズにクラスを超えた広い室内空間を持つワゴンパッケージと、ラフロードに対するSUVの走破性と機能性を両立させ、それらをSUVらしい力強さとたくましさ、一目見たら忘れられない個性的なデザインで実現した。

■クロスビー アウトドア アドベンチャー ※世界初出展

新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」のアウトドアシーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。

”大人が楽しむキャンプシーン”をイメージしたクロスビーが、上質で落ち着いた雰囲気で自然に溶け込む魅力と、アウトドアで使用する楽しさを訴求する。

■クロスビー ストリート アドベンチャー ※世界初出展

新ジャンルのクロスオーバーワゴン「クロスビー」の都会での使用シーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデル。

個性的でお洒落なファッションで都会をアクティブに活動するシーンをイメージし、クロスビーの個性的な雰囲気で都会に溶け込む存在感のある魅力と楽しさを訴求する。

■e-SURVIVOR(イー・サバイバー)※世界初出展

ジムニーやエスクードが持つスズキのコンパクトSUVの魅力を継承した、スズキが次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUV。

ラダーフレームと軽量・コンパクトボディによるスズキSUV伝統の走破性はそのままに、電動化のもらたらす新たな4WDの可能性を提案する。

■スペーシアコンセプト ※世界初出展

低床で広い室内空間に使い勝手が良い後席両側スライドドアの軽ハイトワゴン「スペーシア」のコンセプトモデル。毎日の運転も、休日のお出かけも、家族や仲間と楽しく使える「わくわく」や「楽しさ」を感じる軽ハイトワゴンの新しい提案。

■スペーシアカスタムコンセプト ※世界初出展

ボリュームのある大型フロントメッキグリルで、圧倒的な迫力と存在感のあるデザインを提案する。

軽ハイトワゴンの使い勝手の良さに、ラグジュアリーでゴージャスなデザインを組み合わせた。

■キャリイ軽トラいちコンセプト ※世界初出展

「普段は店舗で新鮮な野菜や果物を素材にスムージーを販売している女性が、お店を飛び出し軽トラ市に出店する」という設定の「キャリイ軽トラいちコンセプト」は、キャビンを広く、収納力を高めた、運転しやすいキャリイの新しいかたちを提案する。

「仕事専用車」ではなく、毎日の移動やレジャーにも使え、さらに「あったらいいな」というアイテムを盛り込んだ新しい商品とした。

二輪車の出展車

・SV650X ※世界初出展

・スウィッシュ ※世界初出展

・GSX-R125 ※日本初出展

・モトGp参戦車両「GSX-RR」

あなたにおすすめ