トピック2017衆院選

希望、自民との大連立「ない」

小池代表、対決姿勢を鮮明に

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日、衆院選後に自民党と大連立を組む可能性を否定した。都庁で記者団の質問に「ない。きっちりと(訴える)政策が実現できるように、是々非々の対応で進めていく」と答えた。自民党との対決姿勢を鮮明にすることで、報道各社の序盤情勢調査での伸び悩みが明らかとなった党勢を挽回する狙いとみられる。

 選挙後の政権の枠組みを巡っては、これまで小池氏が自民党などとの連立を否定せず、希望の党が首相指名選挙で自民党の一部と連携するとの見方が浮上していた。

あなたにおすすめ