サウジなど湾岸諸国は歓迎

イランを批判

 【カイロ共同】サウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)などペルシャ湾岸諸国は13日、トランプ米大統領がイラン核合意を認めない方針を表明したことを受け、国営通信社を通じて相次ぎ歓迎するコメントを発表した。

 サウジは、イランが核兵器を保有しないよう核合意を支持してきたものの「制裁解除で搾取した利益を弾道ミサイルの開発などに使っていた」と批判。UAEは「(レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラなど)テロ組織を支援するイランに対し必要な措置」と支持した。バーレーンも「正しい政策」としてトランプ氏をたたえた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。