イラン、米の核合意不順守主張へ

トランプ氏に反発

©一般社団法人共同通信社

 【テヘラン共同】イランのザリフ外相は、2015年の核合意の実効性を認めない方針をトランプ米大統領が表明したことを受け、合意を巡る問題解決に当たる欧米諸国などとの合同委員会に、「米国が合意を順守していない」と数日内にも申し立てると明らかにした。国営テレビのインタビューで14日夜に述べた。

 イランのロウハニ政権は、同国への強硬姿勢を鮮明にしたトランプ氏の13日の演説に強い反発を示している。

 合同委員会は核合意で規定され、欧米など6カ国とイラン、欧州連合(EU)の代表で構成。イランの申し立てを受理すれば、会合を開くなどして協議する。

あなたにおすすめ