米大統領は「戦争望まず」

対北朝鮮、外交を優先

トランプ米大統領、ティラーソン米国務長官(いずれもゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】ティラーソン米国務長官は15日、CNNテレビのインタビューで、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応について「大統領は外交的に解決したいと私に対して明確にしている。戦争をしようとしているわけではない」と述べた。その上で「外交努力は最初の爆弾が落ちるまで続く」と語り、軍事衝突を回避するため、外交解決を優先する考えを強調した。

 トランプ大統領は今月1日、ティラーソン氏が北朝鮮との交渉を試みるのは「時間の無駄だ」とツイッターに投稿した。だが、ティラーソン氏はインタビューで、トランプ氏から外交上の取り組みを続けるよう指示されていると説明した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers