NFL膝つき行為「出場停止に」

トランプ大統領が再び批判

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、ホワイトハウスでの記者会見でプロフットボールNFLの試合で国歌斉唱の際に人種差別に抗議するため片膝をついたまま起立しない選手をあらためて批判し「NFLはそうした選手を出場停止処分にするべきだ」と主張した。米メディアが報じた。

 大統領選を争ったヒラリー・クリントン元国務長官が「NFLの選手は人種差別に抗議しているのであって、国歌や国旗に反対しているわけではない」と話したことに反応したもので、トランプ大統領は「国歌斉唱で膝をつくのは敬意を欠いた行為だ。国民はNFLに怒っている」と従来の主張を繰り返した。

あなたにおすすめ