引っ越ししない新種ヤドカリ 宿はサンゴ、京大教授ら発見

©株式会社京都新聞社

新たに見つかったサンゴの中に住む「スツボサンゴツノヤドカリ」(井川さん提供)

 ヤドカリと言えば、貝殻を背負って砂浜をよちよち歩いている姿を思い浮かべる人は多いはず。そんなイメージを覆す発見を京都大の研究者たちが発表した。鹿児島県の奄美群島で、小さなサンゴを背負って歩く新種のヤドカリを見つけたというのだ。

 京都大人間・環境学研究科の加藤真教授と元大学院生の井川桃子さんが発見した「スツボサンゴツノヤドカリ」。直径約1センチ、高さ約1センチの渦巻き形のスツボサンゴをすみかとしていることから名付けた。スツボサンゴは、群体としてサンゴ礁を作る種類とは違い、一つの個体だけで生活する。ヤドカリ自体も体長約1センチと比較的小さな部類という。

 スツボサンゴはインド洋から太平洋の熱帯に生息し、ヤドカリとは違う動物であるホシムシと共生関係を結んでいることが知られていた。スツボサンゴが毒のある触手を出して外敵を退ける一方で、ホシムシはスツボサンゴを引きずって移動し、砂に埋まることを防いでいる。

 2012年、加藤教授が奄美群島の近海の生態調査をしていた時、水深約50メートルの海底から引き上げた網の中にスツボサンゴを見つけた。水槽に入れて数日観察していると、頭部やハサミが出てきた。「サンゴの中に暮らして移動するヤドカリはこれまで知られていなかったのでびっくりした」と振り返る。

 以後、井川さんらとほかの個体の採取を続けて水槽で生態を観察。ヤドカリがサンゴの中で暮らし、砂の中にサンゴが埋まるのを防いでいることも確認した。奄美群島ではいずれかの時期に、一部のスツボサンゴと共生関係を結ぶヤドカリが出現したと考えられるという。

 加藤教授によると、サンゴは成長するためヤドカリが大きくなっても「引っ越し」する必要はないとみられる。自分の体に合った殻を探す手間や、すみかを巡る他の個体との争いに巻き込まれるリスクが少なくなるという。「奄美群島の海には、未知の生き物がまだまだ潜んでいるようです」

 論文は米科学誌プロス・ワンに発表された。

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。