ホークスOB斉藤和巳氏が占うパCSファイナルS、カギは「第1、2戦の勝敗」

パ・リーグ3位楽天が劇的な2連勝で2位西武を下し、逆転で勝ち抜けを決めたCSファーストステージ。その興奮も冷めやらぬまま、18日からは1位ソフトバンクが本拠地・福岡に楽天を迎え、日本シリーズ進出権を争う。

元ソフトバンクのエース右腕・斉藤和巳氏【写真:編集部】

楽天は第3戦以降の則本、岸に1勝1敗でつなげるか―

 パ・リーグ3位楽天が劇的な2連勝で2位西武を下し、逆転で勝ち抜けを決めたクライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ。その興奮も冷めやらぬまま、18日からは1位ソフトバンクが本拠地・福岡に楽天を迎え、4戦先勝方式(ソフトバンクはアドバンテージの1勝を持つ)で日本シリーズ進出権を争う。

 黒星からの2連勝で勢い付く楽天に対し、今季のソフトバンクは94勝49敗、2位西武に13.5ゲーム差をつける圧倒的な強さを見せつけた。それぞれに強さを持つ2チームが、ファイナルステージではどんな戦い方を見せるのか。ソフトバンクOBの斉藤和巳氏は「短期決戦は先手必勝。第1戦、第2戦の勝敗がシリーズの行方を大きく左右するでしょうね」と話す。

「ソフトバンクがアドバンテージで1勝持っているので、楽天は最初から捨て身でぶつかってくると思うんですよ。先発投手という点から見ると、ファーストステージで先発した則本、岸、美馬は第3戦以降しか使えない不利な状況にある。そうなると、第1戦、第2戦は先発4番手以降の“裏ローテ”がマウンドに上がることになるので、安定しているブルペンを早めに投入することになるかもしれません。

 ただし逆を返せば、第3戦からは則本、岸が出てきますから、最初の2戦で1勝でもすれば、第3戦から流れを引き寄せられる可能性は十分にある。則本と岸は、そう簡単には打てませんよ。則本はファーストステージの悔しさを晴らしたい思いも強いでしょうしね。

 打線は、ソフトバンクの先発陣をいかに早く降板させるかがポイント。ソフトバンクのブルペンは鉄壁なので、6回までに点を取りたいところ。ファーストステージ第3戦で目覚めたウィーラーが好調を持続できるのか。彼に続いて、ペゲーロ、アマダーも目覚めたら、ホークスは嫌でしょうね」

 一方、ペナントレース覇者のソフトバンクは、戦力や選手層の厚さでは、圧倒的に楽天を凌ぐ。さらにアドバンテージの1勝を持ち「断然有利」。最初の2戦で連勝し、勝ち抜けに王手を掛けて第3戦を迎えたいところだ。

「柳田が抜けたのは痛いですけど、代わりに内川が帰ってきましたから、打線はそこまで戦力ダウンしていない。ペナントレースも圧勝でしたし、普段と戦い方を変える必要はないと思います。ホークスにとって一番の敵は『勝って当たり前』というプレッシャーかもしれませんね。周りだけではなく、戦っている選手自身もそういう思いは持っているでしょう。その思いに追い込まれ過ぎないようにすることは大切ですね。

 選手一人ができることは限られているから、自分のベストを尽くすしかない。チームとして束になった時、どれだけ機能できるかの方が大事。人それぞれですけど『俺が打ってやる。俺が抑えてやる』と追い込み過ぎない方がいいでしょうね」

梨田監督“2年目のジンクス”も影響?

 短期決戦は、試合の勝敗はもちろん、1点、ワンプレーが流れをガラッと変えることがある。ミスが許されない緊張感の中で行われる試合で、球場を埋め尽くすファンも1つ1つのプレーに一喜一憂。あらゆる要素が入り交じり、プレーオフはある種独特の雰囲気を生み出す。通算79勝23敗で勝率.775という高さを誇る斉藤氏だが、ポストシーズンでは通算10試合に登板して0勝6敗。「1勝もしてない僕は大きなことを言えませんが……」と苦笑いしながらも、「あの独特な雰囲気を味わえるのは、勝ち抜いたチームに与えられた特権。あの緊張感は、普段は味わえないものですね」と断言する。

「どうやって1点を取るか。どうやって1点を守り抜くか。その攻防から生まれる緊張感はたまらないものがある。もちろん、勝敗のカギを握るのは戦力ですが、目に見えない緊張感だったり、状況だったり、あるいは情報だったりも影響力を持ちます。

 例えば、梨田監督は近鉄でも日本ハムでも、就任2年目に日本シリーズに進出しているんですよ。今年は楽天の監督に就任2年目。偶然かもしれないですが、ファーストステージを逆転で勝ち抜いた時、この“2年目のジンクス”が頭をよぎった人も多いと思います。楽天の選手は『これはいけるんじゃないか』って背中を押されますよね。もしソフトバンクが最初の2戦で連敗したら、ソフトバンクの選手の頭に“2年目のジンクス”の情報が浮かんでくるかもしれない。短期決戦は、こういう目に見えない部分も大いに影響力を持ちます。

 ホークス初戦は東浜が先発なので、甲斐が先発マスクをかぶるでしょう。でも、彼にとって、これが初めてのプレーオフ。その影響はあるのか……なんて考え始めたら、勝敗に影響を与える可能性を持つ要素は数え切れないくらい。だからこそ、先手必勝。最初の2戦の戦い方が、シリーズの行方を決めると思います」

 ソフトバンクと楽天。どちらが先手を取るのか。決戦は18日にスタートする。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。