抗がん剤副作用、冷やして予防 京大院生ら手法開発

 乳がんなどに使われる抗がん剤パクリタキセルの副作用である「しびれ」を予防できる可能性の高い手法を、京都大医学研究科の大学院生で作業療法士の華井明子さんと国際医療福祉大医学部の石黒洋教授らが開発した。投与時に手足を冷却するやり方で、しびれによる患者の日常生活の支障を減らせるという。米医学誌にこのほど発表した。

 パクリタキセルは乳がんや肺がんなどに広く使われるが、8割で手足に「しびれ」が生じる。1年以上にわたって症状が残る場合が多く、途中で投与を中止するケースもある。

 華井さんらは、寒くなると手足の血行が低下する現象に着目した。乳がんの女性患者40人に対して3カ月、週1回のペースでパクリタキセルを投与する時に片側の手足に冷却用のグローブを装着。投与期間中の「しびれ」の程度を調べた。

 グローブを装着した手足で開始から3カ月後に触覚が低下した割合は、装着しない手足に比べて半分以下だった。日常生活に支障が出るほどしびれが生じるリスクは、グローブを装着した側では87%低くなると解析できた。

 華井さんは「簡単な方法なので、臨床現場で広く使えるようになれば」と話している。

©株式会社京都新聞社

Curated by

47NEWS

47NEWS