イエレンFRB議長と会談

米大統領、人事最終選考へ

トランプ米大統領、イエレンFRB議長(いずれもロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長と会談した。ホワイトハウス当局者が記者団に明らかにした。議長に再任する可能性を探るのが目的。これで次期議長候補5人との面接が終わり、選考は最終段階に入る。トランプ氏は10月中にも次期議長を指名する方針だ。

 イエレン氏は来年2月3日に任期が切れる。議長は大統領が指名し、議会上院の承認を得て就任する。

 トランプ氏は17日の記者会見で次期議長を「間もなく決める」と表明した。11月3日から日本、韓国、中国を含むアジア歴訪に出発する前に指名するとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers