イエレン氏ら3人軸に検討

米大統領、FRB議長人事

イエレンFRB議長(ロイター=共同)、パウエル氏(ロイター=共同)、テイラー氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は20日、連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事について、現職のイエレン議長(71)、現職FRB理事のパウエル氏(64)、元財務次官で米スタンフォード大教授のテイラー氏(70)の3人を軸に検討していることを明らかにした。米テレビのインタビューに答えた。

 トランプ氏は「もうすぐ決める」と述べ、23日からの週に議長を指名する意向を表明。サンダース大統領報道官は20日の記者会見で「数日以内に発表する」と説明した。

 トランプ氏は「パウエル氏かテイラー氏との予想が大半だ」と指摘。一方で「イエレン氏とも会談した」と述べた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers