トピック熊本のニュース

【J2熊本】ロアッソ、徳島と1-1ドロー

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-徳島】後半、ボールをキープする熊本の八久保(19)=えがお健康スタジアム(小野宏明)

明治安田J2第38節最終日は22日、各地で5試合を行った。19位のロアッソ熊本はえがお健康スタジアムで7位の徳島と対戦し、1-1で引き分けた。通算9勝10分け19敗で勝ち点37としたが、順位は変わらなかった。徳島は6位に上がった。

ロアッソはFW八久保颯が7試合ぶりの先発。故障明けのDF園田拓也は3試合ぶりに先発復帰した。前半立ち上がりから徳島のパスワークに翻弄(ほんろう)されたが、11分にDFラインの間に抜け出した八久保のラストパスをFW嶋田慎太郎が流し込んで先制。

1-0で迎えた後半9分、徳島に右サイドからミドルシュートを打たれ、同点に追い付かれた。その後、FWモルベッキ、MF中山雄登、FW巻誠一郎を前線に投入し、徐々に盛り返したが、勝ち越せなかった。

他会場は2位福岡が0-1で千葉に敗戦。18位金沢、20位讃岐はいずれも引き分けた。

ロアッソの次戦は28日午後2時から、えがお健康スタジアムで3位の長崎と対戦する。

あなたにおすすめ