はしご酒 五泉で楽しんで 11月15、16日「バル街」

©株式会社新潟日報社

初開催される「ごせんひゃんでバル街」のチラシ

 五泉市内の飲食店をはしごして酒と食事を楽しむ「ごせんひゃんでバル街」が11月15、16の両日、初めて開かれる。10月23日から販売されている4枚つづりのチケットを購入。居酒屋やバー、かっぽうなど34店で自慢のメニューが楽しめる。

 地元の店を知ってもらうとともに街歩きや交流を楽しんでもらおうと、五泉商工会議所が企画した。

 チケットは各店で1枚使用可能。すしや煮込み、五泉特産サトイモの料理など趣向を凝らした1品と、お酒やノンアルコール飲料などのドリンク1杯が提供される。

 五泉商議所観光飲食業部会会長で、かっぽうを営む土田俊明さん(58)は「今まで来店したことがない、特に若いお客さまが増えればいい」と期待している。

 前売りチケットは4枚つづりで3千円。商議所と参加店で11月13日まで購入できる。当日チケットは3500円となり、商議所で販売する。

 2日間で使い切れなかった場合、一部参加店で11月17~24日、1枚700円の金券として使える。

 問い合わせは商議所、0250(43)5551。

あなたにおすすめ