イチローの去就、今週中に決定か

ジーター氏の新体制が会議

マーリンズのイチロー外野手

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、マーリンズは今週中に元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任した新体制が会議を開き、イチロー外野手の来季契約を更新するかどうかを決める見通しであると、23日に球団公式サイトが伝えた。

 ワールドシリーズ終了4日後が200万ドル(約2億3千万円)の契約の選択権を行使する期限という。同サイトは「(議題にはチームを)再構築するか、核の選手は残すかということが含まれ、イチローの去就も決定されるはずだ」とした。ジーター氏はCEO就任後、イチローの契約更新については態度を保留している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。