東九州龍谷が初V 九州高校軟式野球

©有限会社大分合同新聞社

初優勝した東九州龍谷の選手ら=宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアム

 第50回九州地区高校軟式野球大会最終日は25日、宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアムで決勝があり、県代表の東九州龍谷が明治学園(福岡)を下し、初の栄冠を手にした。県勢の優勝は第35回春季大会(2010年)の津久見以来、15季ぶり。

 虎の子の1点を守り抜いた東九州龍谷が初の頂点に輝いた。陣野雅紀監督は「本当によくやった。練習してきたことが実った」と感無量の様子だった。

 初回だった。先頭平川駿亮(2年)がセーフティーバントで出塁。1死後、笹原優斗(同)が三塁線に犠打を転がすと、一塁への送球間に、二走の平川駿が「ずっと練習していたプレー。狙っていた」と一気に三塁を蹴って生還。鮮やかに先制した。

 エース蔀侑樹(同)も「1点で十分」と燃えた。緩急をうまく使った投球で9回を被安打2で完封した。

 創部以来の悲願だった九州大会1勝を挙げ、そのまま頂点に立った東九州龍谷。和貞惟良佳主将(同)は「全国でも通用するチームにしていきたい」と胸を張った。

 ▽決勝

東九州龍谷

100 000 000-1

000 000 000-0

明治学園(福岡)

(東)蔀―中島

(明)唐杉―大原

▽二塁打 蔀(東)

あなたにおすすめ