iPSで生体並み心筋シート 京大などラット移植成功

©株式会社京都新聞社

マイクロファイバーを使った心筋培養用のシートを手にする劉准教授(京都市左京区・京都大)

 マイクロファイバーを使ってヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から心筋細胞をシート状に培養することに、京都大物質-細胞統合システム拠点の劉莉(りゅうり)准教授や大阪大医学系研究科の南一成准教授らが成功した。生体に近い状態で心筋を作製できたといい、再生医療や薬剤開発へ応用が期待できる。米科学誌ステム・セル・リポーツに27日、発表する。

 iPS細胞を使った心筋シートは、再生医療への応用が期待されている。しかし現状の技術では、心筋の配列が生体と異なるなど課題が残っている。

 グループは、生体内で分解される高分子化合物を使った直径1~2マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のファイバーを同じ方向で多数並べた縦横1センチのシートを作製。シート上でヒトiPS細胞から作った心筋細胞を培養した。

 結果、生体の心筋に近い構造を持った厚さ数百マイクロメートルの心筋シートとなり、従来型より細胞の成熟度が高くなった。慢性心筋梗塞を起こさせたラットの心臓に移植して1カ月後には心機能が回復し、拒絶反応も少なかった。

 また、移植していない状態での心筋シートでは、細胞の拍動に合わせて生じる電気活動も安定していた。薬剤開発時の心臓への毒性検査に活用できる可能性があるという。

 劉准教授は「ヒトに応用する時に適したシートの厚さなど、今後も検討を重ねていきたい」と話している。

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。