テニス元女王ヒンギス完全引退へ

リオ五輪のダブルス銀

マルチナ・ヒンギス(ゲッティ=共同)

 女子テニスの元世界ランキング1位で37歳のマルチナ・ヒンギス(スイス)が26日、シンガポールで開催中のWTAファイナルを最後に現役引退することを表明した。自身のフェイスブックに「引退する時が来た。この素晴らしいスポーツを長年プレーする機会を得られて、本当に幸運だと感じている」とつづった。

 1994年にプロ転向し、2度の引退と復帰を経たヒンギスは四大大会のシングルスで5度、ダブルスで13度、混合ダブルスで7度の優勝を誇る。2016年のリオデジャネイロ五輪はダブルスで銀メダルを獲得した。(ロイター=共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。