卓球、平野2連覇逃し4位

カナダの女子W杯

シングルス準決勝で敗れ、2連覇を逃した平野美宇=マーカム(共同)

 【マーカム(カナダ)共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)は29日、カナダのマーカムでシングルスが行われ、昨年の大会で日本勢初優勝を果たした17歳の平野美宇(エリートアカデミー)は2連覇を逃し、4位となった。

 第4シードの平野は準決勝で第2シードの劉詩ブン(中国)に0―4と完敗を喫し、3位決定戦でも鄭怡静(台湾)に2―4で屈した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers