卓球、平野2連覇逃し4位

カナダの女子W杯

シングルス準決勝で敗れ、2連覇を逃した平野美宇=マーカム(共同)

 【マーカム(カナダ)共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)は29日、カナダのマーカムでシングルスが行われ、昨年の大会で日本勢初優勝を果たした17歳の平野美宇(エリートアカデミー)は2連覇を逃し、4位となった。

 第4シードの平野は準決勝で第2シードの劉詩ブン(中国)に0―4と完敗を喫し、3位決定戦でも鄭怡静(台湾)に2―4で屈した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers