金正男氏息子の殺害計画か

中国当局が北工作員拘束と報道

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 【ソウル共同】韓国紙、中央日報(電子版)は30日、マレーシアで2月に殺害された北朝鮮の金正男氏の息子ハンソル氏を殺害する目的で中国入りしていた北朝鮮工作員が先週、スパイ活動を取り締まる中国国家安全省に拘束されたと、消息筋の話として伝えた。北京郊外の施設で取り調べが行われているという。

 同紙によると、北朝鮮の情報機関、偵察総局の要員7人ほどが殺害計画を実行しようとしており、そのうち2人が拘束された。中国当局が18~24日の共産党大会を機に取り締まりを強化、計画を察知したとしている。

 ハンソル氏の居場所は不明で、米国入りなどが取り沙汰されている。

あなたにおすすめ