フェイスブック最高益更新

広告監視要員、2万人に倍増へ

スマートフォンの画面上に配置されたフェイスブックのアプリ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】交流サイト大手の米フェイスブックが1日発表した2017年7~9月期決算は、売上高が前年同期比47%増の103億2800万ドル(約1兆1800億円)、純利益が79%増の47億700万ドルだった。主力の広告収入の拡大により2四半期連続で売上高、純利益とも四半期の過去最高を更新した。

 ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は1日の電話会見で、昨年の米大統領選干渉疑惑に絡み、広告内容などを監視する人員を現行の約1万人から来年には2万人に倍増する計画を明らかにした。不適切な投稿を検出する新しい人工知能(AI)の開発も進めているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。