米財界、対日FTAに期待

経済協議会会長が表明

日米財界人会議後、記者会見する米日経済協議会のチャック・ロビンス会長(中央)ら=3日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米日経済協議会のチャック・ロビンス会長(シスコシステムズ最高経営責任者)は3日、米首都ワシントンで開かれた日米財界人会議終了後に記者会見し「何らかの貿易協定を結ぶ方向で速やかに動いてほしい」と述べ、日米の自由貿易協定(FTA)に期待を表明した。

 トランプ米政権は環太平洋連携協定(TPP)から離脱。日本などは米国抜きでのTPP発効に向け交渉を進めている。米国企業は対日ビジネスでカナダやオーストラリアなどTPP参加国の企業との競争上不利になることを懸念している。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。