ボランティアのユニホーム発表

平昌五輪、赤とグレー

お披露目された平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホーム=6日、ソウル(共同)

 【ソウル共同】2018年平昌冬季五輪・パラリンピックでボランティアが着用するユニホームが6日、発表された。大会スローガンの「情熱」をイメージした赤とグレーを組み合わせたデザイン。ソウルで開かれたお披露目のイベントでは集まったボランティアを前に、大会組織委員会の李熙範会長が「皆さんは大会の顔で、果たす役割は大きい。熱い情熱を持って大会を成功させましょう」と呼びかけた。

 五輪とパラリンピックのボランティアには国外の145カ国・地域と韓国国内から9万人以上の申し込みがあり、約2万人が選ばれた。うち約1万3500人が五輪を担当する。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers