9月中間、大手商社7社とも増益

石炭、鉄鉱石など資源価格上昇で

 大手商社7社の2017年9月中間連結決算が6日出そろい、石炭や鉄鉱石をはじめとする資源価格の上昇を背景に、純利益は7社とも増加した。食料や情報産業など資源以外の分野が好調だった伊藤忠商事は前年同期比19.9%増の2424億円と、中間期として過去最高を更新した。

 増益率が最大の住友商事は前年同期の約2.4倍に当たる1552億円を計上した。三井物産は95.4%増の2383億円だった。三菱商事の純利益は41.2%増の2539億円。丸紅はLNG事業の採算改善で、29.9%増の1045億円。豊田通商は45.3%増の734億円、双日は77.4%増の272億円だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。