株価26年ぶり高水準

バブル後の最高値超え

約26年ぶりの高値を付けた日経平均株価の終値を表示するボード=7日午後、東京・八重洲

 7日の東京株式市場は日経平均株価(225種)が大幅続伸し、終値は前日比389円25銭高の2万2937円60銭と、1992年1月以来約26年ぶりの高値を付けた。好調な企業決算を追い風にIT銘柄などが相場をけん引し、バブル崩壊後の落ち込みから持ち直して最高値を付けた96年6月の2万2666円80銭を突破した。東京証券取引所第1部の時価総額も667兆円を超え、過去最大を記録した。

 世界経済の回復と円高是正を背景に進行してきた株高局面は歴史的な節目を迎えた。一部には過熱感やバブル再来を危惧する声もあり、持続的な経済成長を伴う株高を実現できるかが今後の課題となる。

東京証券取引所=東京・日本橋兜町

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。