無人タクシー、実用段階に

グーグル系、米公道で試験

動画サイト「ユーチューブ」で公開された米ウェイモの完全自動運転車(共同)

 【ニューヨーク共同】米グーグルの自動運転車開発部門が独立したウェイモは7日、運転席に人が座らない完全自動運転による配車サービスの試験を米西部アリゾナ州の一部公道で数カ月以内に始めると発表した。住民の通勤や子どもの送り迎えといった日常生活での利用を想定。自動運転技術を利用した「無人タクシー」が実用段階に入った。

 自動車メーカーやIT企業が自動運転車を公道で走らせる場合は安全のため、運転席に人を座らせており、ウェイモは高い安全技術を確立したもようだ。無人タクシーが普及すれば、交通機関は根本的変革が迫られる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む