「猫」の恩返し、復興へまっしぐラン 熊本城マラソン出場へ意欲満々

©株式会社熊本日日新聞社

熊本城マラソンで「ギャグも見せるにゃー」と宣言する猫ひろしさん(左)。右は植松浩二副市長=熊本市役所

 来年2月18日の熊本城マラソンにゲストランナーとして出場する、お笑い芸人の猫ひろしさん(40)が8日、熊本市役所を訪ね、「全力で走る姿とギャグを見せるにゃー」と“二刀流走”を宣言した。

 父親が天草市出身で、幼少の頃、熊本に里帰りしていた猫さん。「人気のある大会。一度は出てみたかった。猫の恩返し」と出場を志願したという。

 スーツ姿で植松浩二副市長と面会。リオデジャネイロ五輪カンボジア代表らしく「毎日30キロ走り込んでいる。体を鍛えて全力で走る」と語る一方、「本職は芸人。42・195個のギャグを見せます。ネタはポーツマス、昇竜拳…、あと何があったっけ」と笑わせていた。(高橋俊啓)

あなたにおすすめ