いじめ報告書「口外せず」を要請

山口県教委が遺族に

 山口県周南市で昨年7月、県立高2年の男子生徒が自殺した問題で、弁護士ら第三者で構成し、いじめの実態などを調べた調査部会の報告書を、県教育委員会が遺族に提供する際、「内容を外部に口外しない」などとする文書への署名を求めたことが10日、分かった。遺族は「応じると、調査の在り方や内容について専門家に相談できない」と困惑している。

 遺族によると、今年7月、県教委から報告書の素案提供を受ける際に「報告書には個人情報が含まれ、遺族にのみ提供されるものであることを踏まえ、内容を他の保護者・報道機関などの第三者に提供いたしません」などと記された書類への署名を求められた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。