北団体、韓国「茶番劇」

©デイリーNKジャパン

北朝鮮の対韓国窓口団体・民族和解協議会(民和協)のスポークスマンは9日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、韓国・文在寅政権が対北朝鮮独自制裁を発表したことを非難した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

スポークスマンは、文政権が6日、トランプ米大統領の訪韓に合わせて対北朝鮮独自制裁を発表したことについて「茶番劇を演じた」とし、「共和国に対するもう一つの許せない挑発に、醜悪な同族対決妄動」と糾弾した。

また、「上司の歓心を買わなくては命脈を維持することのできない植民地手先の哀れな境遇だけをありのままあらわにする笑止千万で愚かな行為である」と揶揄した。

さらに、「米国とあらゆる敵対勢力、かいらいがいくら反共和国圧迫策動にヒステリックに執着しても、チュチェの旗印を高く掲げて一心団結の威力で最後の勝利に向かって怒涛のごとく突き進むわが千万軍民の荘厳な前進を阻むことはできない」と強調した。

その上で、「南朝鮮かいらいは、誰それに対する『独自制裁』劇が自分の首に掛ったわなを我が手でもっと締め付ける自殺妄動になるということを銘記すべきである」と警告した。