青森県、鳥インフル想定し訓練

初動対応を確認

高病原性鳥インフルエンザの発生に備えて行われた、殺処分などの初動対応訓練=10日午後、青森県田子町

 青森県は10日、高病原性鳥インフルエンザの養鶏場での発生に備えた実動訓練を同県田子町で実施した。昨年11月に青森市の農場で発生したことを受け、流行シーズンを前に殺処分などの初動対応や関係機関との連絡体制を確認した。

 訓練は養鶏が盛んな県南部で発生したとの想定で、県職員ら約190人が参加。防護服やマスクを着用し、家畜保健衛生所職員の指示で、捕獲した模擬のニワトリをバケツに入れ殺処分用のガスを注入、袋に詰める手順を確かめた。

 昨年の発生時には資材が足りなくなり作業が滞ったため、県は今年から資材を増やして備蓄している。今回は資材の輸送訓練も行った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。