龍馬と西郷隆盛の子孫が対談

開拓目指した北海道でイベント

西郷隆盛から贈られた書を紹介する坂本匡弘さん(奥右)=11日午後、北海道函館市

 北海道開拓を目指したとされる坂本龍馬の没後150年に合わせ、坂本家と西郷隆盛の子孫が対談するイベントが11日、函館市で開かれた。龍馬と隆盛の交流や北海道との関わりでエピソードを紹介。両家が協力して歴史を後世に伝えていくと約束した。

 参加したのは、龍馬のおいの子孫で東京都在住の会社員坂本匡弘さん(52)と、隆盛の子孫で東京都在住の会社員西郷隆太郎さん(34)。これまでも一緒に史料の保存などに取り組んできた。

 イベントを主催した北海道坂本龍馬記念館の三輪貞治館長は「2人が仲良くお付き合いしている様子に、龍馬も喜んでいるだろう」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。