卓球、張本組と平野組が決勝進出

ドイツ・オープン

©一般社団法人共同通信社

 卓球のドイツ・オープンは11日、ドイツのマクデブルクで行われ、ダブルス準決勝の男子で張本智和(エリートアカデミー)木造勇人(愛知・愛工大名電高)組が何鈞傑、黄鎮廷組(香港)を3―0で破って決勝に進んだ。女子は早田ひな(日本生命)平野美宇(エリートアカデミー)組も中国、香港選手のペアに3―2で勝って決勝進出。

 シングルスは女子の準々決勝で石川佳純(全農)が武楊(中国)を4―0で下して4強入り。伊藤美誠(スターツ)は敗退した。男子は松平健太が準々決勝、水谷隼(ともに木下グループ)は2回戦で敗れた。(共同)

あなたにおすすめ