海自と米空母3隻共同訓練

日本海、北朝鮮けん制

12日、日本海で共同訓練する米空母ロナルド・レーガン(左端)、ニミッツ(その右上)、セオドア・ルーズベルト(中央下)。レーガンの後方は海上自衛隊の護衛艦いせ(海上自衛隊提供)

 海上自衛隊は12日、護衛艦3隻が米海軍の原子力空母3隻と日本海で共同訓練したと明らかにした。米海軍が西太平洋周辺で14日までの予定で実施している共同演習の一環で、日本海で日米の護衛艦、空母計6隻がそろって訓練したのは初めて。核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮を強くけん制する狙いがある。

 河野統合幕僚長は自衛隊の訓練視察に訪れた静岡県沼津市で報道陣に「北朝鮮を含めた各国に、日米同盟の固い絆、連携の強化を示すことができた」と強調した。

 訓練には海自の護衛艦いせ、まきなみ、いなづまと、米空母のニミッツ、セオドア・ルーズベルト、ロナルド・レーガンが参加した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。