米、南シナ海問題の仲裁に意欲

トランプ氏、越と貿易促進

©一般社団法人共同通信社

12日、会談を終え、共同記者会見に臨んだトランプ米大統領(左)とベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席=ハノイ(共同)

 【ハノイ共同】トランプ米大統領は12日、ベトナムの首都ハノイでチャン・ダイ・クアン国家主席と会談し、南シナ海の領有権を巡る問題で関係国の仲裁に当たることに意欲を示した。両首脳は北朝鮮の核放棄に向けて取り組みを強化するほか、貿易や投資の促進でも一致した。

 トランプ氏は中国の習近平国家主席との良好な関係に自信を見せており、中国が軍事拠点化を進める南シナ海を巡っても習氏と交渉できると考えている可能性がある。クアン氏との会談で「私は良い仲裁人だ」とアピールしたが、各国の利害が複雑に絡む問題を解決できるのか懐疑的な見方も出そうだ。

あなたにおすすめ