愛知の木曽川岸辺に遺体

逢妻川でも見つかる

 愛知県稲沢市の木曽川と刈谷市の逢妻川の岸辺で12日、それぞれ男性1人の遺体が見つかった。いずれも傷みが進み、死後1週間以上たっている。県警は身元を確認するとともに、事件と事故の両面で調べている。

 午後1時25分ごろ、稲沢市祖父江町「国営木曽三川公園ワイルドネイチャープラザ」で「岸辺に死体がある」と110番があった。

 稲沢署によると、遺体は40~60代とみられる。

 刈谷署によると、午前11時ごろ、刈谷市泉田町の逢妻川の岸辺で、ランニング中の40代男性から「人が倒れている」と110番があった。遺体は50~60代。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS