豊洲追加工事また2件で入札不調

市場移転に影響も

 豊洲市場(東京都江東区)で都が予定している土壌汚染対策の追加工事で、13日までに入札された3件のうち2件が業者辞退などで不調となったことが都への取材で分かった。都は1カ月以内をめどに再入札手続きを始めたいとしている。

 10月末に開札された別の5件中4件も不調となっており、築地市場(中央区)からの移転スケジュールに影響が出る可能性もある。

 豊洲市場の開場日は2018年10月11日とする方向でほぼまとまっているが、築地の業界は日程決定の条件として、都が追加工事を18年7月末までに終えることを確約するよう求めている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

papers