豊洲追加工事また2件で入札不調

市場移転に影響も

 豊洲市場(東京都江東区)で都が予定している土壌汚染対策の追加工事で、13日までに入札された3件のうち2件が業者辞退などで不調となったことが都への取材で分かった。都は1カ月以内をめどに再入札手続きを始めたいとしている。

 10月末に開札された別の5件中4件も不調となっており、築地市場(中央区)からの移転スケジュールに影響が出る可能性もある。

 豊洲市場の開場日は2018年10月11日とする方向でほぼまとまっているが、築地の業界は日程決定の条件として、都が追加工事を18年7月末までに終えることを確約するよう求めている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。