カタルーニャ巡りロシア関与指摘

スペイン外相、偽情報独立あおる

 【ブリュッセル共同】スペインのダスティス外相は13日、欧州連合(EU)外相・国防相理事会後の記者会見で、北東部カタルーニャ自治州の独立を巡って強行された10月の住民投票の際、ロシアなどからの「偽情報や(情報)操作」が独立をあおっていたと訴えた。

 外相はソーシャルメディアで独立を促す方向に情報操作していた偽アカウントのうち「50%がロシア、30%がベネズエラ」で開設されたと指摘し、ロシア関与の「証拠はある」と述べた。

 ロイター通信によると、同理事会に出席したスペインのデコスペダル国防相は記者団に、ロシアは「欧州の不安定化を狙っている」と主張した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。