ホセ・ジェイムズ、デビュー盤『The Dreamer』10周年記念盤発売。アルバム再現ツアーも実施

©ユニバーサル ミュージック合同会社

スモーキーかつメロウな歌声と、ジャズを拡張する独自のセンスで現代ジャズ・シーンの最先端を走るヴォーカリストのホセ・ジェイムズが、2018年にデビュー10周年を迎える。それを記念して、デビュー・アルバム『The Dreamer』の10周年記念エディションを2018年1月24日にリリースすることが明らかとなった。

『The Dreamer』は、2008年1月に英国のトップDJ=ジャイルス・ピーターソンの運営するレーベルBrownswood Recordingsからリリースされた。常に新しい音楽を探し続けるジャイルスがホセの才能にほれ込み、「15年に1人の逸材」と絶賛し即契約。新世代ジャズ・ヴォーカリストの彗星のごとき登場は、ジャズ/クラブ・ファンの間で大きな話題を集めた。

今回『The Dreamer』発売10周年を機に、ホセ自身の監修のもと新装再発が決定。全曲リミックスを施し、ボーナス・トラックの収録も予定されており、オリジナル版を持っているファンも要チェックのアイテムとなる。

また、ホセは2018年2月には『The Dreamer』を再現するライヴをニューヨークと日本のみで開催する。脇を固めるのは、黒田卓也(トランペット)、大林武司(ピアノ)、ベン・ウィリアムス(ベース)、ネイト・スミス(ドラムス)という鉄壁の布陣。日本では、ビルボードライブ東京&大阪公演が既に発表になっているが、新たに2018年2月19日のZepp Nagoya公演が発表となった。

ジャイルス・ピーターソンに見出されシーンに衝撃を与えた傑作をいま再び掲げ“10年後”のホセはどんな音楽を奏でるのか? 常に時代の最先端を走るシンガーの原点と現在を同時に感じる必見のステージとなる。