イチロー来季再契約は見込み薄

米大リーグ・マーリンズ

 マーリンズのヒル編成本部長は球団が来季契約の選択権を行使しなかったイチローについて「チームは新しい方向にかじを切った」と話し、再契約については見込みが薄いとの考えを示した。

 ジーター氏が最高経営責任者(CEO)に就任した球団は予算削減とチームの若返りを進め、主砲スタントンらのトレードを計画している。

 古巣マリナーズのディポトGMは「彼はチームにとってもシアトルにとっても遺産だが、補強すべきポイントがある」と口にし、イチローとの契約について前向きではなかった。(共同)

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers